/

舛添都知事が1カ月入院へ 腰痛で手術、病室で執務

東京都の舛添要一知事は31日の定例記者会見で、4月1日の執務終了後から約1カ月間入院すると発表した。持病の腰痛が悪化したため病院を受診したところ、変形性股関節症と診断された。

外科的な手術を受けた後、入院生活を送りながらリハビリを行う。代理は置かず、病室で執務を続けるという。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン