/

飲食店に車突っ込み7人重軽傷 愛知・知立

31日午後1時50分ごろ、愛知県知立市山町小林の飲食店「藤田屋」本店に、ワゴン車が突っ込んだ。同店を訪れていた客や店員ら男女7人が病院に搬送された。うち3人が重傷、4人が軽傷。愛知県警安城署は、ワゴン車を運転していた同市の自営業、堀田邦一容疑者(76)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

県警によると、堀田容疑者は「アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった」などと説明。県警が詳しい事故原因を調べている。

重傷の3人はいずれも女性で、10~60歳代の客や店員。堀田容疑者にけがはなかった。

県警によると、堀田容疑者は冷凍機器を扱う仕事をしている。この日、修理などのために藤田屋を訪れていた。

県警は、堀田容疑者が同店での仕事を終えた後、敷地内の駐車場から車を発進させた際、誤って店側に突っ込んだとみている。車は同店の飲食店スペース側の入り口から進入し、店内奥の壁や柱にぶつかって止まった。

藤田屋は和菓子「大あんまき」で知られる。事故当時は昼食時で、店内は食事をする客らで混み合っていた。

現場は国道1号沿い。近くに名古屋鉄道知立駅がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン