/

交通事故で相談、加害者1割自殺 支援のNPO法人まとめ

事件や事故を起こした加害者側の家族を支援するNPO法人「ワールド オープン ハート」(仙台市)が交通事故に関する相談結果をまとめ、1年間で受けた37件の相談のうち約1割に当たる4件で加害者が自殺していることが分かった。

加害者は罪悪感を募らせ家族も心理的負担で自殺を考えるケースが多いという。法人は「突然事故を起こしてしまい、家族全員が誰にも相談できず悩んでいる実態がある。被害者だけでなく加害者側も支援することが必要だ」と訴えている。

調査は昨年10月~今年9月に全国から受けた37件の相談をまとめた。

相談のうち、死亡事故は23件、重傷が7件、軽傷3件、加害者死亡が4件だった。事故の原因では、加害者が飲酒運転をしたケースはなく、前方不注意やスピード違反がほとんどだった。

相談した家族のうち半数以上の20件が「家族関係が悪化した」と回答した。失業(12件)や離婚・結婚破談(11件)で生活が一変することも多かった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン