土星の衛星に「しわ」 NASA探査機が撮影

2015/10/31 21:35
保存
共有
印刷
その他

NASAの無人探査機カッシーニが28日、土星の衛星エンケラドスを約9万6千キロ離れたところから捉えた画像=NASA提供・共同

NASAの無人探査機カッシーニが28日、土星の衛星エンケラドスを約9万6千キロ離れたところから捉えた画像=NASA提供・共同

【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は30日、無人探査機カッシーニが土星の衛星エンケラドスの噴煙に突入する際に撮影した画像を公開した。氷で覆われた表面にしわのような構造がある。突入したのは28日で、機体は無事だった。取得したデータの送信を始めたという。

カッシーニは、エンケラドスの南極付近で表面からの高度が50キロの位置まで近づき、表面の氷の割れ目から噴き上がっている噴煙に突入。NASAは採取したガスやちりの分析を進め、氷の下が生命が存在できる環境かどうかを調べている。

上空約120キロに近づいた際に撮影した画像は、大きな氷の塊が形作るエンケラドス表面の荒々しい地形を捉えた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]