/

読売文学賞に古川日出男さんら

第67回読売文学賞(読売新聞社主催)が2月1日付で発表された。賞金は各200万円。贈賞式は19日、東京・内幸町の帝国ホテルで。各賞の受賞者は次の通り(敬称略)。

小説=古川日出男「女たち三百人の裏切りの書」(新潮社)▽戯曲・シナリオ=荒井晴彦「この国の空」(原作・高井有一、「シナリオ」2015年9月号)▽随筆・紀行=別所真紀子「江戸おんな歳時記」(幻戯書房)▽評論・伝記=宮田毬栄「忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の軌跡」(中央公論新社)▽詩歌俳句=小池光「思川の岸辺」(KADOKAWA)▽研究・翻訳=沓掛良彦訳「黄金の竪琴 沓掛良彦訳詩選」(思潮社)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン