鎮魂 どう心合わせる(追悼をたどる・下)
戦争知らない世代 大半に 向き合い方考える好機

2015/8/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1964年の全国戦没者追悼式。終戦の日に天皇、皇后両陛下が臨席し、白木の標柱に鎮魂の祈りをささげる――。厳かな式典の内容は現在と変わらない。だが、この年の会場だけは特別だった。靖国神社(東京・九段)の境内。大鳥居と拝殿の間、大村益次郎像前の「広場」に張った天幕に約2千人の遺族が集まった。

遺族代表として式辞を述べたのは南方戦線で夫を失った久礼信子(当時45)。久礼は式典後の取材に「靖国神社境内で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]