/

骨溶かす場面、阪大が観察 骨粗しょう症関与の細胞

骨粗しょう症や関節リウマチの発症に関与する「破骨細胞」が生きたままのマウスの体内で骨を溶かす場面をリアルタイムで長時間観察することに大阪大の菊田順一助教(免疫学)らのチームが成功し、1日までに米科学誌電子版に掲載された。

破骨細胞は骨の形成とバランスを取りながら古い骨を分解する役割を担うが、過剰に働くと骨粗しょう症や関節リウマチを起こす。どう働いているかを迅速に把握することで、早期診断や新たな治療薬の開発に役立つ可能性があるという。

チームによると、破骨細胞には骨を溶かすものと、動き回るだけで骨を溶かさないものがある。これまでは破骨細胞が蛍光タンパク質で光るようにした遺伝子改変マウスを作製することで、体内のどこにあるのかは分かったが、骨を溶かしている場面を捉えるのは難しかった。

チームは破骨細胞が骨を溶かす際に出す酸と反応して光る物質を開発。これを生きた遺伝子改変マウスに注入し、蛍光タンパク質の光と同時に検出できる特殊な顕微鏡を使って、破骨細胞が移動する状況だけでなく、骨を溶かす場面も最大24時間程度観察できるようにした。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません