戦争の記憶受け継ぐ、戦後世代が語り部に

2017/8/15 20:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

終戦から72年が経過するなか、戦争を知らない世代を戦争体験の「伝承者」として語り部に育てる活動が広がっている。戦争体験者の大半は80代以上で、当事者による活動は限界に近づいている。戦傷病者や被爆者、中国残留孤児らの苦難を聞き取り、本人に成り代わって未来に引き継ぐ取り組みに、戦争体験者らは「苦労の経験を後世に伝えてほしい」と願いを込める。

「私は年を取り、記憶をさかのぼって話すことが難しくなってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]