/

53カ国イメージ、着物を披露 東京五輪へ日本文化発信

世界各国をイメージした着物の発表会が30日、東京都内で開かれ、フランスやインドネシアなど計53カ国の着物が披露された。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて日本文化を発信するのが狙いで、東京五輪の全参加国・地域の「KIMONO」を19年秋までに作る予定。

会場には大使館関係者ら500人以上が訪れ、色彩豊かな着物に感激の声と拍手が上がった。プロジェクトの代表で福岡県久留米市の呉服店主、高倉慶応(よしまさ)さん(48)が「世界は一つになれるというメッセージを伝えよう」と呼び掛けると、モデルや会場参加者が手をつないだ。

着物や帯は山形県の米沢や金沢、京都などの作家や職人が制作した。エジプトはピラミッドや古代文字、ペルーは世界遺産マチュピチュ遺跡などを絵柄に取り入れたほか、その国を印象付ける色を使うなど工夫した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン