/

ビキニ水爆で文書を追加開示 厚労省

1954年に米国が太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁で実施した水爆実験をめぐり、厚生労働省は31日までに、一部の被ばく船に関する文書を追加で開示した。厚労省によると、神奈川県の三崎港に入港した漁船や大阪府、岩手県に寄港した貨物船の乗組員の血液や尿を調べた精密検査結果、医師の所見などが含まれ、約130ページ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン