/

この記事は会員限定です

「原発、極めて高度な注意義務負う」 検察審が指摘

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故を巡り、昨年不起訴になった東電の勝俣恒久元会長(74)ら旧経営陣3人について、31日までに業務上過失致死傷容疑で「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会。市民で構成する検察審は、原発事業を担う電力会社の取締役はとりわけ「安全性確保に極めて高度な注意義務を負う」と指摘し、3人が必要な義務を怠ったと判断した。未曽有の原発事故で旧経営陣の刑事責任の有無が改めて問われるが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン