2019年6月16日(日)

シベリア抑留死者、1202人の身元判明

2014/8/2付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は2日までに、戦後のシベリア抑留中に死亡した日本人将校ら1202人の身元を新たに特定したとする、2013年度の実態調査結果を公表した。身元が判明したのは計3万8280人となった。

13年度の調査では、現地で新たに115柱の遺骨を収容。DNA鑑定で64柱の身元が判明し、遺族に引き渡した。これまでに収容した遺骨は計1万7801柱で、そのうち遺族に引き渡したのは915柱となった。

政府の推計では、シベリアやモンゴルで約57万5千人が抑留され、強制労働などで約5万5千人が死亡したとみられる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報