/

喫煙率20年ぶり上昇 19.9%、JT「誤差の範囲内」

日本たばこ産業(JT)は31日までに、2015年の「全国たばこ喫煙者率調査」で、たばこを吸う成人の割合が前年を0.2ポイント上回る19.9%になったと発表した。上昇は20年ぶり。ただ、国内のたばこ販売本数は減っており、「統計上の誤差の範囲で、喫煙者率の低下傾向は続いている」(JT)としている。

調査は5月に全国の成人男女を対象に実施し、約2万人の回答を得た。男性は前年より0.7ポイント高い31.0%と24年ぶりに上昇したが、女性は0.2ポイント低い9.6%と2年連続で低下した。

14年度の国内たばこ販売本数(日本たばこ協会調べ)は、消費増税の影響もあり1793億本と13年度比9%減少している。JTは高齢化の進展や健康志向、規制強化などを要因に挙げている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン