小笠原と神奈川・二宮町で震度5強 広い範囲で震度4

2015/5/30付
保存
共有
印刷
その他

地震の影響で新幹線の運転が見合わせとなったことを伝える電光板(午後8時56分、JR東京駅)=共同

地震の影響で新幹線の運転が見合わせとなったことを伝える電光板(午後8時56分、JR東京駅)=共同

30日午後8時24分ごろ、小笠原諸島西方沖を震源とする地震があり、東京都小笠原村と神奈川県二宮町で震度5強を観測した。気象庁によると、津波の心配はない。同庁は地震の解析を進めるともに、余震の発生などに警戒を求めている。

地震直後の気象庁の発表によると、震源の深さは約590キロと深く、地震の規模はM(マグニチュード)8.5と推定される。東京都心など関東地方の広い範囲で震度4の揺れを観測した。

各地の主な震度は次の通り。

震度5強=東京都小笠原村、神奈川県二宮町▽震度5弱=埼玉県鴻巣市、春日部市、宮代町▽震度4=東京都千代田区、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市など

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]