/

BSE検査、原則廃止を答申 厚労相に食安委

内閣府の食品安全委員会は30日、食肉処理場で実施されている生後48カ月超の国産牛の牛海綿状脳症(BSE)検査について、廃止しても人への健康影響は無視できるとした評価結果を、塩崎恭久厚生労働相に答申した。厚労省は関係省令を改正し、BSE検査を原則廃止する。

脚がふらつくといった運動障害などがある生後24カ月以上の牛を対象とする検査は続ける。

国内では2001年9月にBSE感染が初確認された。検査は翌10月から全ての月齢の牛を対象に実施してきたが、段階的に緩和され、13年7月からは生後48カ月超を対象としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン