2019年9月18日(水)

人工知能活用の課題を議論 内閣府が初会合

2016/5/30 21:22
保存
共有
印刷
その他

人工知能(AI)を社会で活用する際の課題を明らかにしようと内閣府は30日、専門家による初会合を開いた。AIの経済に与える影響や働き方の変化、悪用などを防ぐための研究開発指針などを幅広く話し合う。今秋をめどに、主な論点をまとめる。

会合で島尻安伊子科学技術相は「AIに対する懸念を払拭し、研究開発を健全な方向に発展させたい」と述べた。

AIの多方面への応用に期待が集まる一方で、「職業を奪われる」との不安や「自動運転車の運転責任を誰が持つのか」といった問題も浮上してきた。会合では自動運転や医療、創作活動などの分野で起こりうる問題点を整理する。

AIの急速な発展を受け、海外でも同様の議論は進んでいる。米国はAIの利点とリスクを議論する会議を今年設置した。経済協力開発機構(OECD)も来年から議論を始める予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。