/

化粧品の特許侵害認めず 富士フイルムの請求棄却

東京地裁

(更新)

化粧品の特許を侵害されたとして、富士フイルムが化粧品製造販売会社「ディーエイチシー(DHC)」に2製品の製造販売差し止めなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)は30日、富士フイルムの請求を棄却した。同社は控訴する。

富士フイルムは、抗酸化成分を安定して配合する技術の特許が侵害されたと主張。判決は「特許の出願前にインターネットで公開された化粧品の成分リストから容易に発明できた」と述べ、富士フイルムの特許が無効と判断した。

対象となったのは「DHCアスタキサンチン ジェル」と「DHCアスタキサンチン ローション」の2製品。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン