/

箱根山噴火、水蒸気爆発か 指示区域の住民ら全員避難

(更新)

気象庁は30日、箱根山(神奈川県箱根町)の大涌谷でごく小規模な噴火が発生し、マグマで熱せられた地下水が噴き出す「水蒸気爆発」の可能性が高いと発表した。同庁は噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」から「3(入山規制)」に引き上げ、箱根町は火口から半径約1キロに避難指示を出した。同庁が箱根山の噴火を確認したのは初めて。

噴火が確認された箱根山の大涌谷周辺(6月30日)=気象庁提供

気象庁は「大規模な噴火の兆候はないが、大涌谷周辺では今後も小規模な噴火に警戒してほしい」と呼びかけている。

箱根町は30日、避難指示区域の住民や宿泊客ら全員が避難したことを確認したと明らかにした。

気象庁によると、噴火の発生日時は不明だが、29日夜から30日朝までの間とみられる。30日午前10時すぎに大涌谷を調査したところ、新たにできた小さな火口の周りで、地中から噴出した火山灰などが直径約60メートルのマウンド状に堆積していることが判明。直径30センチほどの噴石が40~50メートル飛び散り、約2キロ離れた場所でも降灰を確認した。

30日朝には震度3の揺れを含む火山性地震が相次ぎ、午前7時すぎには「空振計」が空気のわずかな揺れを観測した。29日夕の現地調査では火山灰の堆積や噴石などはなかったという。

気象庁の北川貞之・火山課長は30日の記者会見で「噴火自体はごく小規模。大涌谷の火口から半径約1キロの範囲以外では噴火への警戒は必要ない」と説明した。

箱根山では4月下旬から火山性地震が増え始め、同庁は5月3日に火山活動の活発化を知らせる「解説情報」を発表。同6日には小規模な噴火の恐れがあるとして、噴火警戒レベルを初めて「2」に引き上げ、町は火口から半径約300メートルに避難指示を出した。

その後、火山性地震の回数は減ったが、6月29日には常時観測を始めた2010年以降で初めて、噴火の兆候を示す火山性微動を確認し、火山性地震の回数は183回に増加した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン