胃がん検診に内視鏡推奨 厚労省検討会、乳がんはマンモ単独も

2015/7/31付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省のがん検診のあり方に関する検討会は30日、市区町村が行う胃がん検診について、これまで40歳以上で推奨してきたエックス線検査のほか、内視鏡検査も推奨するとの提言をまとめた。検査はいずれかの方法で行う。ともに対象は50歳以上、間隔は2年に1度とした。

乳がん検診はこれまで、40歳以上を対象に2年に1回、マンモグラフィー(乳房エックス線撮影検査)と視触診の組み合わせを推奨してきたが、マンモグ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]