オオムギの起源解明 農業生物研・岡山大など

2015/7/31付
保存
共有
印刷
その他

農業生物資源研究所と岡山大学などの国際チームは30日、世界で栽培されるオオムギの起源を突き止めたと発表した。オオムギの品種は2系統に大別できるが、まず約1万年前に現在のイスラエルで野生種の遺伝子に突然変異が起き、欧州などで栽培する品種の祖先が生まれた。その後、北西シリアから南東トルコでも野生種の別の遺伝子に突然変異が生じ、日本に伝わったという。

2系統の栽培種を交配することで品種改良が進むと期待される。研究成果は米国の学術誌「セル」に掲載される。

研究チームは野生種の実の落下にかかわる2つの遺伝子のDNA配列を決定。野生種と栽培種でDNA配列の違いを調べた。

その結果、約1万年前に野生種が持つ2つの遺伝子のうち片方に突然変異が起き、欧州などに普及。その後、北西シリアから南東トルコに至る地域でもう一方の遺伝子に突然変異が起きて2系統の栽培種ができたことがわかった。

南東トルコあたりで誕生した栽培種はヒマラヤ山脈を越えて、いくつかの突然変異を経て中国から日本に入ったと考えられるという。

人類最古の農業は実が落ちない栽培種のオオムギを発見したことに始まったと考えられている。1万年前ころの遺跡で見つかった土器などに、炭化した野生種の実に混じって栽培種の実が見つかったことから、このころ最古の農業が始まったとみられている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]