/

気象予報士389人の個人情報流出 日本気象予報士会

日本気象予報士会に所属する気象予報士のうち389人の個人情報がインターネット上で流出していたことが30日、分かった。約5年間にわたって、氏名や連絡先など延べ500件以上の情報がインターネット上で閲覧可能な状態にあったという。現在までに不正利用は確認されていない。

同会はお天気キャスターなど3千人以上の気象予報士が所属している。

同会によると、会員が名刺を発注するオンラインのサービスで、外注業者に提供する氏名や電話番号、メールアドレスなどが一部の検索サイトからアクセスできるようになっていた。同会がシステムの一部にパスワードを設定していなかったためだという。

4月23日に会員からの指摘で発覚。同24日以降、個人情報のデータファイルにパスワードをかけ、当該情報の削除を検索サイトの運営側に依頼するとともに、所管する気象庁に報告した。担当者は「個人情報の管理について認識が甘い部分があった」と謝罪している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン