/

「薬用せっけん」1年以内の切り替え要請 企業に厚労省

米食品医薬品局(FDA)が抗菌成分のトリクロサンなど19種類の物質を含む抗菌せっけんの販売禁止を決めたことを受け、厚生労働省は1日までに、同じ成分を含む「薬用せっけん」について代替品に1年以内に切り替えるよう製造販売会社に要請した。

FDAは抗菌せっけんについて有効性や安全性の科学的根拠はないとしている。厚労省は「健康被害は報告されていない」としているが、米国の対応を踏まえて切り替えを促すことを決めた。

薬用せっけんは医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づく医薬部外品で、薬用ボディーソープや薬用洗顔料なども含む。国内では約800品目が承認されている。厚労省は11月~来年9月までに製造販売会社が代替品の承認申請をすれば、通常は6カ月かかる審査期間を短くする方針だという。

厚労省は対象成分を含有する薬用せっけんの流通状況なども調査する。調査結果などを踏まえて、規制するかどうかを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン