/

奥平康弘氏が死去 東大名誉教授、「九条の会」立ち上げ

護憲派の代表的な論客として知られる憲法学者で東京大名誉教授の奥平康弘(おくだいら・やすひろ)氏が26日午前1時ごろ、急性心筋梗塞のため東京都内の自宅で死去した。85歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、せい子さん。

北海道函館市出身。1953年に東大を卒業後、東大社会科学研究所長や国際基督教大教授などを務めた。2004年、評論家の故加藤周一氏らと「九条の会」を立ち上げ、護憲の立場から積極的に発言を続けた。表現の自由や国民の知る権利の研究にも力を入れた。

主な著書に「治安維持法小史」「知る権利」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン