全日空システム障害「中継器が故障」 社長ら報酬減額

2016/3/30 20:31
共有
保存
印刷
その他

 全日本空輸は30日、今月22日に起きた国内線のシステム障害の原因がネットワーク機器の故障だったと発表した。予約などのデータサーバーを束ねる中継器が故障し、予備の機器への自動切り替え機能も働かなかった。再発防止のため中継器の状態を監視する機能を強化した。

 篠辺修社長の月額報酬の1カ月、20%を減額するなどの社内処分も発表。ANAホールディングスの伊東信一郎会長と片野坂真哉社長もそれぞれ1カ月、20%を自主返上する。

 障害による逸失収入は3億6千万円にのぼり、今後システム会社への損害賠償の請求を検討していく。同社の国内線旅客システムは全体を日本ユニシスが取りまとめ、中継器は米シスコシステムズが納めている。

 今回の障害では予約や搭乗手続きができなくなり、148便が欠航するなど約7万2千人に影響を及ぼした。30日に都内で記者会見した全日空の殿元清司専務取締役執行役員は「深くおわびする。再発防止を徹底し信頼回復に取り組む」とした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
3:01
2:22

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報