/

ヘイトスピーチ関連デモ1152件 法務省、初の実態調査

法務省は30日、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関する初の実態調査を公表した。2012年4月から15年9月にかけてヘイトスピーチ関連のデモや街宣活動を全国で1152件確認した。年間の件数は徐々に減っているが、同省は「まだ数は多く、沈静化したとは言えない」とみている。

同省によると、インターネット上の情報などをもとに、ヘイトスピーチをしているとされる複数の団体のデモや街宣活動の回数を調査。12年4~12月は237件、13年は347件、14年は378件、15年は1~9月までに190件だった。

また、12年から15年8月にかけて動画投稿サイトに投稿されたデモの動画72件(計約98時間)を抽出調査。「日本から出て行け」「皆殺しにせよ」などの差別的、脅迫的な言葉の発言頻度は、12年~14年は約3分に1回、15年は約6分に1回だった。

デモの回数や脅迫的な発言の頻度が減少傾向にあることについて、同省は「社会的な関心の高まりとともに、団体側が過激な言動を控えるようになった」と分析。14年に学校法人京都朝鮮学園周辺でのヘイトスピーチを巡る民事訴訟で、デモ参加者が敗訴したことも影響したとみている。

一方、同省は今年1~3月、東京や大阪などの在日韓国・朝鮮人計20人に、ヘイトスピーチに接した際の気持ちを聞き取り調査した。「私たちの存在そのものを否定するような言葉で泣きたくなった」(40代女性)、「公然と道路の真ん中で叫んでいることがショックだった」(30代男性)などの声があった。

ヘイトスピーチの禁止を巡っては、民主党(現民進党)などが提出した「人種差別撤廃施策推進法案」が参院で審議中。与党側も法案提出を目指している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン