/

将棋、菅井が王位獲得 平成生まれ初タイトル

将棋の王位戦で羽生善治王位(左)を破り、初タイトルを獲得した菅井竜也七段(30日午後、徳島市)=共同

将棋の第58期王位戦7番勝負の第5局は29、30の両日、徳島市で指され、挑戦者で後手の菅井竜也七段(25)が108手で羽生善治王位(46)を破り、対戦成績4勝1敗で初タイトルとなる王位を獲得した。平成生まれのタイトル獲得は初めて。

菅井新王位は岡山市出身。井上慶太九段門下で、2010年にプロ入り。15年の新人王戦などで優勝した実績を持つ。振り飛車を得意とし、攻撃的な将棋に定評がある。

今期の7番勝負は持ち味を発揮し、開幕から2連勝。第3局は敗れたものの、続く第4、5局で連勝してタイトル初挑戦を実らせた。

羽生前王位は、約5年ぶりに2冠(王座、棋聖)に後退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン