/

漫画家の水木しげる氏が死去 93歳、「ゲゲゲの鬼太郎」

(更新)

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で漫画家の水木しげる(本名=武良茂=むら・しげる)さんが30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、布枝さん。

漫画家の水木しげるさん 

鳥取県境港市生まれ。画家を志すが、太平洋戦争で激戦地のラバウル(パプアニューギニア)の前線に出征し、左腕を失った。戦後、紙芝居や貸本屋画家を経て、1958年に「ロケットマン」でデビュー。64年創刊の同人漫画誌「ガロ」の中心作家として活躍した。

66年に「テレビくん」で講談社児童漫画賞を受賞。67年からは少年マガジンで「ゲゲゲの鬼太郎」の連載を開始した。「悪魔くん」「河童の三平」などで妖怪漫画の第一人者となった。

妖怪研究家としても活躍。96年日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞。2003年には、地元の鳥取県境港市に「水木しげる記念館」が完成、妖怪キャラクターは同市の町おこしのシンボルともなっている。10年にはNHKが妻の武良布枝さんの自伝をもとに連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を放送した。

91年紫綬褒章。10年文化功労者。03年8月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン