「バリ島で火葬を」、デビッド・ボウイさんが遺言

2016/1/30 21:34
保存
共有
印刷
その他

英国の世界的ロック歌手で10日に69歳で死去したデビッド・ボウイさんが、インドネシア・バリ島で火葬にしてほしいと遺言をしていたことが分かった。AP通信が30日に伝えた。

ボウイさんは2004年に準備した遺言書の中で、バリ島での火葬を希望。それが「現実的でない」なら、火葬した後に遺灰をバリ島にまいてほしいと望んでいた。ボウイさんの遺体は12日、米ニュージャージー州で火葬された。遺灰の扱いは明らかになっていない。

APによると、1億ドル(約121億円)とされるボウイさんの遺産については、約半分を妻でアフリカ・ソマリア出身のスーパーモデル兼女優のイマンさんが相続。残りを子供2人や長年のスタッフらが相続する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]