2019年6月24日(月)

口永良部島「連続噴火は停止したもよう」 気象庁発表

2015/5/30付
保存
共有
印刷
その他

気象庁は30日午前10時50分、口永良部島について「連続噴火は停止したもよう」と発表した。今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、引き続き厳重な警戒を呼びかけている。

新岳の爆発的噴火から一夜明けた口永良部島(30日午前)=共同

同庁によると、連続噴火は「30分以上、連続的に継続している噴火」を指す。現地の天候が不良で、噴煙などが観測できないため、停止したもようと判断したという。

この点について、火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は「噴煙が止まったのだろう。ただ阿蘇山のケースでも、連続噴火の停止後しばらくして再び爆発的な噴火が起きている。今回の連続噴火の停止が、噴火活動の停止を意味するものではない」と説明する。

同庁によると、火山性地震の回数は噴火後の29日午前10時~午後1時にかけて急激に増えたが、その後は減少。30日午前0時から午前8時までは3回だった。

同庁の機動観測班が29日に上空から確認したところ、噴火による火砕流は火口の西側を中心に全方位に流れ、島全体の約2割の範囲に及んだ。火砕流が流れた斜面では森林の焼失や多数の倒木が見つかった。山頂付近は火山灰に覆われていた。

西側に流れた火砕流は約2キロ先の海岸まで達し、海面が変色していた。

気象庁によると、噴火は29日午前9時59分ごろ発生した。噴火直後の噴煙の高さは9千メートル以上で、口永良部島の観測史上最も高かった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報