/

アルビン・トフラー氏が死去 87歳、「第三の波」

(更新)

【ニューヨーク=共同】本格的な情報通信社会の到来に先駆け、電子メールの普及や既存の価値観の揺らぎなどを予測、1980年に脱工業化社会の近未来を描いた「第三の波」がベストセラーとなり世界で最も有名な未来学者の1人だった米国のアルビン・トフラー氏が27日、米ロサンゼルスの自宅で死去した。87歳だった。自身が創設者の「トフラー・アソシエイツ」が29日発表した。死因は明らかにされていない。

28年、米ニューヨークに生まれた。ニューヨーク大卒後、オハイオ州で工場労働に従事、組合運動などにも携わった。組合の機関紙記者を経てフォーチュン誌に寄稿するようになった。

60年代に情報機器企業で働いた経験を基に70年「未来の衝撃」を出版。情報化社会の到来により、信仰や家族など既存の価値観が揺るがされると予測し、50カ国以上で読まれる大ベストセラーとなった。

「第三の波」については、89年の中国・天安門事件で民主化要求の学生側を擁護したとして失脚した故趙紫陽元共産党総書記が演説に引用するなど、世界中に大きな影響を与えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン