犠牲者悼み、市民ら集会 英自爆テロ1週間

2017/5/30 11:40
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】通りを埋め尽くす花束、ろうそくを持って立ち尽くす人々――。英中部マンチェスターで22人が死亡した自爆テロから1週間となった29日夜、同市中心部の広場で追悼集会が開かれ、市民らが犠牲者を悼むとともに、テロに屈しない決意を新たにした。

事件は米歌手、アリアナ・グランデさんのコンサート会場外で22日午後10時半ごろに発生。英メディアによると、追悼集会では同時刻に教会の鐘が鳴らされ、小雨の中、集まった市民らが黙とう。終わると同時に拍手がわき起こった。

警察当局は29日、マンチェスター郊外のごみ埋め立て場を関係先として捜索した。事件当日、実行犯のサルマン・アベディ容疑者が同市中心部で青いスーツケースを引いて歩いている姿を映した監視カメラ映像を新たに公開し、市民に情報提供を呼び掛けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]