/

3年以内の大卒者離職、なお3人に1人 厚労省

厚生労働省は30日、大卒で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が、2012年3月の卒業者で32.3%になったと発表した。前年の卒業者に比べると0.1ポイントの低下にとどまり、ほぼ横ばい。3人に1人が3年以内に離職する傾向が続いている。

厚労省によると、12年卒の就職内定率は前年に比べ上昇した。しかし08年のリーマン・ショックの影響が残り、採用の門戸が十分に広がらない中で不本意な就職をした人は大きく減らなかったとみられる。

離職率を業種別にみると、最も高かったのは宿泊・飲食サービス業で53.2%。生活関連サービス・娯楽業が48.2%、教育・学習支援が47.6%とサービス関連の業種で離職率が高かった。

企業規模別では、従業員千人以上の企業では22.8%だったのに対し、30人未満だと5割を超えた。同じ12年春の高校卒業者で3年以内に仕事を辞めた人は40.0%で、前年より0.4ポイント上昇した。

早期に離職すると正社員になることが難しくなる傾向もあり、厚労省は学生と企業の間のミスマッチの防止などに力を入れる。青少年雇用促進法が今月施行されたことに伴い若者の採用に積極的な企業を認定する制度を創設したほか、来年3月から企業に採用者数や労働時間に関する情報の開示を義務付ける予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン