/

河野多恵子さん死去 「蟹」で芥川賞、文化勲章

共同

芥川賞作家で文化勲章受章者の河野多恵子(こうの・たえこ、本名=市川多恵子=いちかわ・たえこ)さんが29日午後7時15分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。88歳だった。お別れの会を開くが日取りなどは未定。喪主はおい、河野明氏。

大阪府出身。大阪府女専(現大阪府立大)卒。谷崎潤一郎に傾倒し作家を志して上京。デビュー作の「幼児狩り」で注目を集め、1963年に小説「蟹」で芥川賞を受賞した。サディズムやマゾヒズムなど、人間の深層心理にひそむ残酷趣味や倒錯した性の世界を独自の観点で描いた。

谷崎潤一郎賞、野間文芸賞、伊藤整文学賞、川端康成文学賞など数々の純文学の賞を獲得。批評家としての一面も持ち、女性で初めて芥川賞選考委員を務めた。

ほかの主な作品に「一年の牧歌」「みいら採り猟奇譚」「回転扉」「逆事」。評論に「谷崎文学と肯定の欲望」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン