/

5000年前のビール製造用陶器片を発見 イスラエルで

【エルサレム=共同】イスラエル考古学庁は29日、中部テルアビブの建設現場で、約5千年前にエジプト人がビールを製造するのに使った陶器の破片が発見されたと発表した。フランス公共ラジオが報じた。

紀元前3500~3000年ごろの前期青銅器時代に、農作物を保管するために使われていた17個の穴を発見。何百もの陶器片の中に、ビールを造るのに使われ、エジプト様式で作られた、大きな陶器の破片が見つかったという。当局者は、エジプト人がいたことを示す「最北端の証拠だ」などとしている。

ビールは、年齢や性別などに関係なく消費されるエジプトの「国民的な飲み物」だったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン