/

仏国際漫画祭、最高賞に大友克洋さん

【パリ=竹内康雄】フランス南西部アングレームで29日、「第42回国際漫画祭」が開幕し、最高賞のグランプリに漫画「アキラ」の作者、大友克洋さんが選ばれた。日本人のグランプリ受賞は初。1600人の漫画家らの投票を経て決まった。

2月1日までの期間中には20万人以上の訪問を見込む。世界中の著名漫画家が招かれ、日本からは漫画家の谷口ジローさんや伊藤潤二さんが参加する。

1月初旬に起きた仏週刊紙「シャルリエブド」銃撃事件など一連のテロを受け、表現の自由に関する展示スペースの設置が急きょ決まった。昨年は韓国政府が従軍慰安婦をテーマにした企画展を開き、日本が批判する事態になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン