2019年7月16日(火)

スマホ関連事故、5年で239件 やけどや火災など

2016/4/30 23:21
保存
共有
印刷
その他

製品評価技術基盤機構(NITE)は30日までに、スマートフォン(スマホ)や充電用コネクターなどの関連機器による事故が、2014年度までの5年間で239件あったと発表した。発熱や発火により、やけどなどのけがを負ったケースもあった。

負傷者が出た事故の内訳は、重傷が5件、軽傷が60件。家具や住宅が焼けるなどの被害も101件発生した。

原因は充電用コネクター周辺のトラブルが67件で最多。コネクターが曲がったり水分が付いたりしたまま充電し、発火するなどの事例があった。電池パックを犬がかんで変形し、火災が発生した事故も起きていた。

ACアダプターに関する事故も多い。コード部分を繰り返し引っ張るなどして力を加えたため、断線してショートした事故では、男性が指をやけどする軽傷を負った。電源プラグとタップの隙間に金属が入り込み、ショートした例もあった。

NITEは、スマホ本体や関連機器を変形させたり、衝撃を与えたりしないよう呼びかけている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。