/

北野武さんら新会員に 米アカデミー賞団体発表

【ニューヨーク=共同】米映画芸術科学アカデミーは29日、映画監督の北野武氏や河瀬直美氏、是枝裕和氏、俳優の仲代達矢氏ら日本人13人を含む総勢683人を新規会員に選んだと発表した。

本人が辞退しない限り、今秋から会員として登録される。河瀬氏は監督と脚本の2部門でノミネートされ、どちらで登録するかは自ら決める。

同アカデミーは1927年に創設され、優れた映画作品や出演者に贈る「アカデミー賞」で知られる。2年連続で演技部門の候補者に白人ばかりを選んだとして批判され、約6千人とされる会員の構成を見直すと表明していた。

今年の新規会員のうち白人以外の少数派人種の比率は41%で、会員全体の少数派比率は8%から11%に上がるという。

日本人新規会員は次の通り(敬称略)。▽俳優 仲代達矢▽美術 赤塚佳仁、種田陽平▽監督 河瀬直美、黒沢清▽ドキュメンタリー 原一男▽音楽 梅林茂▽短編映画、アニメ 西村義明、堤大介、山村浩二、米林宏昌▽脚本 河瀬直美、北野武、是枝裕和。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン