/

この記事は会員限定です

裁判員 負担軽減探る ストレス訴訟契機、24時間相談窓口…

[有料会員限定]

裁判員を務めたことで急性ストレス障害になったとして、福島県の女性が国に200万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁は30日、請求を棄却した。この訴訟を契機に、全国の裁判所で裁判員の精神的負担を軽減する取り組みが本格化。残酷な遺体写真を証拠として扱わないなどの運用が広がっている。

訴えていたのは同県郡山市の青木日富美さん(64)。昨年、福島県内の強盗殺人事件で裁判員を務めた。裁判では遺体のカラー写真...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン