/

年賀はがきの販売開始 前年並み34億枚を発行予定

来年のお年玉付き年賀はがきの販売が30日、全国で一斉に始まった。日本郵便によると、総発行枚数は前年並みの約34億枚を予定。年賀状の受け付けは12月15日からで、同月25日までに投函(とうかん)するよう呼び掛けている。

発売されたのは、通常の年賀はがきのほか、自然災害の被災地の支援団体などに5円分の寄付が送られる寄付金付き年賀はがきなど。

東京・丸の内の複合ビル「JPタワー」で開かれた販売開始セレモニーには女優の波瑠(はる)さんが晴れ着姿で登場。「手書きの年賀状でこれまで支えてくれた人に感謝の気持ちを伝えたい。めったに会えない人との絆を深めたい」と笑顔で話した。

今年も年賀はがきを購入するという埼玉県越谷市の自営業、蒲生泰子さん(41)は「親しい知人に送って、来年も交流を深めたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン