2019年1月20日(日)

毎時1シーベルト超す高い線量 福島第1原発2号機格納容器付近

2015/6/29付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は29日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器付近で、毎時1シーベルト(1000ミリシーベルト)を超すきわめて高い放射線量を計測したと発表した。8月にロボットを使った格納容器内の調査を予定しており、除染などの対策を講じる。

ロボットの投入口周辺の放射線量を遠隔操作による機器で調べた。毎時1シーベルトの場所に1時間いると、嘔吐(おうと)などの症状が表れ、人間は近づけない。この線量では作業に大きな支障がでるため、東電は除染などを進める。ロボット調査の日程に影響はないと説明している。

ロボット調査では、2011年3月の事故の際に溶け落ちた核燃料(デブリ)を初めて観測できると期待されている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報