/

寝不足の中高生、うつ病になりやすく 東大など調査

睡眠時間が短い中高生は、うつ病になるリスクが高まるとの調査結果を東京大や高知大のチームが29日付の国際科学誌に発表した。リスクを最小にするには、男子の場合8時間半以上の睡眠を取ることが望ましいとした。女子はどの睡眠時間でもうつや不安の症状を示す生徒が比較的多かったことから、推奨時間を示すにはさらなる検討が必要としている。

チームは高知県、三重県の中高生の男女を対象に平日の睡眠時間を調査。心配事があってよく眠れないことがあるかどうかや、自信を失ったことがあったかどうかなど12項目の質問に答えてもらい、得られた約1万6千人のデータを基に睡眠時間とうつ病リスクの関係を分析した。

その結果、平日夜間に8時間半~9時間半の睡眠を取っている男子は、うつ病や不安症状のリスクが最も低かった。女子は7時間半~8時間半で最もリスクが低かった。7時間半未満だと男女ともにリスクが高まった。

睡眠時間の平均は中1男子が7.9時間、中1女子が7.5時間、高3男子は6.8時間、高3女子は6.6時間だった。

近年、睡眠不足と精神疾患に関連があることが判明している。だが、思春期にどの程度睡眠時間が必要かは分かっていなかったため調査した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン