/

日経出版社で個人情報流出 取引先など

日本経済新聞出版社は29日、社内の端末が不審な外部のウェブサイトと通信し、これまでに約1200件の取引先の個人情報などが流出したと発表した。同日までに個人情報が悪用されたとの報告はない。

同社は日本経済新聞社から独立した業務システムを採用しており、日本経済新聞社からの情報流出はない。

外部のセキュリティー団体からの情報をもとに社内調査した結果、今月初旬、業務上のやりとりを装う「標的型メール」によりコンピューターウイルスに感染した形跡が見つかったという。

日本経済新聞出版社のコメント 関係者の皆様に、ご迷惑、ご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます。事態を厳粛に受け止め、再発防止に努めます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン