/

東京都知事に大差で小池氏 初の女性

得票290万票超える

(更新)

舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選挙が31日、投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が初当選を決めた。所属する自民党の支援を得られないまま出馬。「都政の透明化」などを掲げ、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日本のこころ推薦=、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=らを大差で破った。初の女性都知事になる。

投票率は59.73%で、前回の46.14%を13.59ポイント上回った。

小池氏の得票は290万票を超えた。小池氏は同日夜、「政党を超えて新しい東京を求める声が大きかった」と勝因を分析。待機児童や介護の人材確保などの問題が「喫緊の課題」だと述べた。

都知事として開催準備を担うことになる2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題については「積算根拠を(大会組織委員会に)出してもらい、都民の負担のあり方を明らかにする」と透明化に取り組む考えを示した。

小池氏は2日、都庁に初登庁する予定。都知事選では17年ぶりの保守分裂となった選挙戦で、小池氏は自民党都連などを厳しく批判してきただけに、今後の都政運営では都議会との関係が焦点の一つとなる。

小池氏は舛添氏の辞職直後から出馬に意欲を示したが、自民は「実務能力のある非議員」の擁立を目指し、増田氏を擁立。反発した小池氏が出馬を強行した。序盤から小池氏が一歩リードし、増田氏と鳥越氏らが追う展開となった。

都知事選で当選を決め支持者と握手する小池百合子氏(31日夜、東京都豊島区)

小池氏は無党派層を主なターゲットに「政党や組織に頼らない選挙」を前面に打ち出した。「国際金融都市」づくりや知事報酬の半減などを公約に掲げ、自民、公明、民進などの支持者にも幅広く浸透した。

増田氏は岩手県知事なども務めた実績と実務能力をアピールし、「都政の混乱の収束」を訴えた。政権幹部らが応援に入るなど組織戦を展開したが、知名度不足も響き、及ばなかった。

告示2日前に急きょ出馬表明した鳥越氏は野党4党が推薦。「(参院選に勝利した)改憲勢力の勢いを止める」と訴えたが、準備不足もあり支持は広がらなかった。

今回の都知事選には新人21人が立候補。東京五輪・パラリンピックの費用負担、待機児童や医療・介護などの福祉、防災対策などが争点だった。舛添氏の辞職原因となった「政治とカネ」の問題にも注目が集まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン