2019年9月20日(金)

水拭きで床変形原因か 体育館の木片事故で報告

2017/5/29 19:50
保存
共有
印刷
その他

消費者安全調査委員会(消費者事故調)は29日、体育館で床板から剥がれた木片が体に突き刺さる事故が相次いだことに対する調査の最終報告書を公表した。ぬれたモップで床を拭くなどし、「過度な吸湿と乾燥が繰り返され、床に変形が生じたことが原因と考えられる」と結論付けた。

事故調によると、2015年までの10年間で、上半身から飛び込むバレーボールのレシーブなどをした際、胸や腹に木片が刺さって入院を要した重大事故が6件発生。うち2件では内臓まで損傷した。地下に造られた築2年の体育館でも事故が発生し、湿度が高い環境だと床板が新しくても変形することも分かった。

事故調は「体育館の掃除は必ずから拭きで行い、ワックスも水分を多く含むため使用は避けるべきだ」としている。

公立の小中高校1601カ所と、公共の体育館641カ所への調査で、9割以上が日常の清掃では、から拭きをしていた一方、年度末などの定期清掃では、学校の9%、公共施設の11%が水拭きで清掃をしていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。