「偽証する理由ない」 赤星氏、百条委委員に意見書送付

2017/5/29 16:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の豊洲市場への移転問題で、都議会百条委員会が「偽証した」とする元政策報道室理事、赤星経昭氏が29日、取材に応じ「事実しか話していない。虚偽とされる理由が分からない」と主張した。百条委は31日に偽証認定と告発を求める採決をし、自民以外の5会派の賛成多数で可決する見通し。

偽証認定されるのは、2001年7月、都が東京ガスと交わした豊洲の土壌汚染対策などの「確認書」に関する赤星氏の証言。同氏は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]