2019年4月18日(木)

熱中症死亡、「高校野球部監督に過失」 高裁が県に賠償命令

2015/5/30付
保存
共有
印刷
その他

徳島県阿波市の県立高で2011年、野球部の練習中に倒れた2年の男子生徒(当時17)が熱中症で死亡したのは監督が注意義務を怠ったためとして、生徒の両親が県に約5500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁は29日、請求を棄却した一審判決を変更、監督に過失があったと認め、約4500万円の支払いを命じた。

吉田肇裁判長は、生徒が100メートル走を繰り返してけいれんを起こし倒れたと認定。「監督にはダッシュを続行させた過失があり、意識が混濁した生徒の状況から熱中症と判断して、応急措置を取るべき注意義務も怠った」と判断した。

14年3月の一審徳島地裁判決は「生徒に具体的な熱中症の兆候が表れていたとは認められず、監督に過失はなかった」と両親の訴えを退けた。

判決によると、生徒は11年6月6日、29度以上あったグラウンドで100メートル走50本の練習中に熱中症で倒れた。病院に搬送されたが、7月3日に多臓器不全などで死亡した。練習は午後4時ごろから始まり、同6時ごろに倒れた。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報