発熱男性はエボラ陰性 ウイルス検出されず、厚労省

2014/12/29付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は29日、東京都の30代男性がエボラ出血熱が流行する西アフリカのシエラレオネから帰国後に発熱症状を訴え、エボラウイルスの感染の有無を検査した結果、陰性だったと発表した。

厚労省によると、男性はシエラレオネに21日まで滞在し、23日に成田空港に帰国。29日未明に38度2分の発熱があり、保健所に連絡した。現地でエボラ出血熱患者との直接の接触はないが、患者の埋葬に立ち会い、遺体が入った袋に特別な防護なしで触ったと話したという。

男性は都内の指定医療機関に入院。診断結果は急性副鼻腔(びくう)炎で、回復次第退院する。

国内でのエボラ出血熱の感染の疑い例は今回が4例目で、いずれも陰性だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]