横浜のパチンコ店で火災、1人入院

2015/11/29 23:28
保存
共有
印刷
その他

29日午前10時半ごろ、横浜市保土ケ谷区川辺町のパチンコ店「パーラーピカデリー」から出火、約4時間半後に消し止められた。鉄筋コンクリート4階建てのうち、1階の店舗約1480平方メートルを全焼した。

出火当時は営業中で店内に客約30人がいたが、従業員が誘導するなどして避難し、無事だった。2階にある駐車場の車の中にいた同区の男性(81)が救助され、一酸化炭素中毒の疑いがあるため入院した。

神奈川県警保土ケ谷署によると、従業員がパチンコ遊技台の配線付近から煙が出ているのを発見。消火器で消そうとしたが煙の勢いが強く、燃え広がったという。横浜市消防局によると、消防車や救急車計42台が出動した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]