国に351億円賠償命令 ヘリ調達中止で富士重逆転勝訴

2015/1/30付
保存
共有
印刷
その他

防衛省が戦闘ヘリコプターの発注をキャンセルしたため初期投資費用が回収できなくなったとして、富士重工業が国に351億円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、「国は初期費用を払うと信頼させ、信義則上の義務に反した」として全額の支払いを命じた。請求を棄却した一審・東京地裁判決を取り消し、国の逆転敗訴とした。

判決などによると、富士重は防衛省に戦闘ヘリ「AH-64D(通称アパッチ・ロングボ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]