/

「根幹部分の一致必要」 小池氏、民進出身者の候補者選定

国政新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日、民進党出身者からの衆院選候補者の選定は、自らが最終決定する考えを明らかにした。

小池氏は、安全保障や改憲への考え方が異なる議員について「排除する」と説明。「根幹部分で一致していることが政党の構成員として必要最低限のことだ。一人ひとり、これまでの考えなどを踏まえて判断したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン